浄水器

当社ではマルチピュア社の浄水器を取り扱っております。

我が家ではMP-SSCTという機種をもう20年近く使用しておりますが
いまだばりばり現役で浄水性能を発揮しております。
良さを実感している店主お勧めの浄水器です。


マルチピュア浄水システムとは?


マルチピュア社のブロック活性炭は、活性炭を微細な粉末にし、それを型に入れて非常に高い密度で圧縮成型することによって作られています。

水をきれいにするには、赤サビや微生物などの微粒子を機械的に「ろ過」する働きとトリハロメタンや農薬などの化学物質を化学的に「吸着」する働きが必要です。多くのメーカーが採用している粒状活性炭では化学的な「吸着」はある程度期待できますが、粒状という密度の低さから機械的な「ろ過」の効果はあまり期待できません。そのため各メーカーは、樹脂(中空糸膜)やセラミックを使った「ろ過層」との組合せで性能を確保しています。

マルチピュア社のブロック活性炭は、非常に高密度のブロック状(固形)の活性炭の中を水が通るため「吸着」と「ろ過」の働きを同時に同じフィルター体積の中で行うことができる一体構造のため、除去性能を高めています。

また、ブロック活性炭内部の微細穴が極めて複雑な構造のため、水と活性炭が接触している表面積は驚くほど広がり、接触時間も長いために高い微粒子の「ろ過」能力を可能とするだけではなく、化学物質の「吸着力」を大幅に高めることができます。このような特性によって、塩素や味、匂い、微粒子、原虫、重金属、濁度などをはじめ、環境ホルモン系農薬、トリハロメタン、MTBE、アスベスト、クロラミンなどの多種類に及ぶ有害化学物質を100%に近い状態まで取り除くことができるのです。

また、これらの除去性能はメーカーや行政などから独立した中立的な第三者機関であるNSFによって、厳しく試験され、合格しており、NSF認証を取得しています。さらにマルチピュア社のブロック活性炭は、近い将来問題化されるであろう「水道水中の残留医薬品」の除去※1に対しても有効に働くことが予測されています。

マルチピュア浄水システムが家庭用として高い評価をいただいている理由は、有害物質の除去と同時に、もうひとつ大きなポイントがミネラル分をそのまま残すことにあります。逆浸透膜方式の浄水器などがミネラル分も有害物質と同時に取り除いてしまうものとは違い、マルチピュア社の浄水器は、ミネラル分をそのまま残すことで、天然水のようなおいしい水を毎日手軽に蛇口から手に入れることが出来るため、飲料水だけでなく料理にも幅広くご使用いただくことができます。

※1現在残留医薬品の除去性能試験方法がNSFで確立されていないため性能試験はまだ行われておりません。

浄水器がNSF認証を取得するためには、次の5つの条件を満たすことが要求されています。

  1. 汚染物質除去性能表示を試験確認していること。
  2. 浄水器の材料から飲料水に混入するような有害物質が出ないことを確認するため、
    試験を行うこと。
  3. 構造上問題がないことを確認するため、圧力試験を受けること。
  4. 広告宣伝、取扱説明書など、表示は、誤解を招かないこと。
  5. つねに高品質の浄水器が提供できるよう、製造過程を調査すること。

※1,2,3,の条件は、5年に1回の定期試験が義務づけられています。
※4,5の条件は、1年に1回、工場への抜き打ち検査を実施しています。

当社取扱機種


アクアドーム MPAD

参考価格 49,800円(税別)


蛇口から離れたところにも設置できる使い勝手の良いタイプ。おしゃれなデザインのドーム型浄水器、お手ごろ価格でご好評をいただいております。
アクアドーム MPAD 仕様
ろ過材 圧縮成型活性炭/セルローズ繊維/ポリエチレン樹脂
外形寸法 幅160o×奥行225o×高さ250o(本体のみ)
重量 2.3s
標準ろ過水量 2.85リットル/分
常用使用圧力 2〜4s/u
浄水能力 ※
遊離残留塩素 総ろ過水量 320,000リットル
総トリハロメタン 総ろ過水量 30,000リットル
クロロホルム 総ろ過水量 30,000リットル
ブロモホルム 総ろ過水量 30,000リットル
ブロモジクロロメタン 総ろ過水量 30,000リットル
ジブロモクロロメタン 総ろ過水量 30,000リットル
テトラクロロエチレン 総ろ過水量 30,000リットル
トリクロロエチレン 総ろ過水量 30,000リットル
1.1.1-トリクロロエタン 総ろ過水量 30,000リットル
CAT 総ろ過水量 170,000リットル
2-MIB 総ろ過水量 250,000リットル
溶解性鉛 総ろ過水量 17,000リットル
活性化セラミック 無し
ろ過材交換時期 1日46リットルご使用で約12ヶ月(溶解性鉛を基準)もしくは
水の出が悪くなったら交換時期です。
交換用カートリッジ品番 CB6AD
本体保証期間 3年間
※JIS S3201試験結果 表示の総ろ過水量は有害物質の除去率80%に減少した時点のリッター数です。
「濁り」…JIS S3201試験結果 総ろ過水量は4,500?です。この総ろ過水量は水の流量が50%に減少した時点のリッター数です。
なお、濁りの総ろ過水量はフィルターカートリッジ交換時期の目安ではなく、あくまでも浄水器の吐水流量の減少を示したものです。
NSF/ANSI基準合格ろ過水量は1,500ガロン、NSF認証ろ過水量は750ガロンです。


MP750SC
参考価格 118,000円(税別)
大家族の方にもゆとりの大型タイプの浄水器です。
お料理に、飲料水に、いつでも安心できるおいしい水を!
MP750SC 仕様
ろ過材 圧縮成型活性炭/セルローズ繊維/ポリエチレン樹脂
外形寸法 幅150o×215o(本体のみ)
重量 2.5s
標準ろ過水量 2.85リットル/分
常用使用圧力 2〜4s/u
浄水能力 ※
遊離残留塩素 総ろ過水量 320,000リットル
総トリハロメタン 総ろ過水量 30,000リットル
クロロホルム 総ろ過水量 30,000リットル
ブロモホルム 総ろ過水量 30,000リットル
ブロモジクロロメタン 総ろ過水量 30,000リットル
ジブロモクロロメタン 総ろ過水量 30,000リットル
テトラクロロエチレン 総ろ過水量 30,000リットル
トリクロロエチレン 総ろ過水量 30,000リットル
1.1.1-トリクロロエタン 総ろ過水量 30,000リットル
CAT 総ろ過水量 170,000リットル
2-MIB 総ろ過水量 250,000リットル
溶解性鉛 総ろ過水量 17,000リットル
活性化セラミック 無し
ろ過材交換時期 1日46リットルご使用で約12ヶ月(溶解性鉛を基準)もしくは
水の出が悪くなったら交換時期です。
交換用カートリッジ品番 CB6
本体保証期間 10年間
※JIS S3201試験結果 表示の総ろ過水量は有害物質の除去率80%に減少した時点のリッター数です。
「濁り」…JIS S3201試験結果 総ろ過水量は4,500?です。この総ろ過水量は水の流量が50%に減少した時点のリッター数です。
なお、濁りの総ろ過水量はフィルターカートリッジ交換時期の目安ではなく、あくまでも浄水器の吐水流量の減少を示したものです。
NSF/ANSI基準合格ろ過水量は1,500ガロン、NSF認証ろ過水量は750ガロンです。